ALL SMILES

社会福祉法人 愛燦会

人のコト

デイサービス主任

事務局職員「若手がエネルギッシュに活躍する職場」

──現在の仕事の内容を説明してください

私は長寿の里・海津のデイサービス「いろは」に所属しています。主な業務は居宅介護支援事業所など、外部の介護事業者や利用者様との相談・調整の窓口役です。デイサービスは、利用者様の方の生活基盤はご自宅なので、ご本人だけでなくその背景まで含めた情報をお聞きするようにして、それを「関わり方の手がかり」になるように整理して職員に周知するようにしています。

相談窓口と言っても、相談や連絡を待っているだけではなく、こちらから自施設のアピールに赴くこともありますよ。私たちがしている介護の仕事というのはサービス業で、利用者様やそのご家族や居宅のケアマネは「お客様」です。どんなに良い商品でも、知られていなければ選んでもらえないのと同じで、長寿の里・海津のデイサービス「いろは」をまず知ってもらい、その特徴を理解してもらえるような説明を心がけ、信頼関係を築けるように努めています。

──現在までの簡単な経歴と、福祉の仕事に就いた理由があれば教えてください

イメージ

手に職をつけたいという気持ちもあって、介護の勉強をするために専門学校に行きました。
ちょうど「介護保険が始まる」という時期でしたし、人と関わって笑顔で「ありがとう」と言われる、やりがいのある仕事だと思いました。また小さい頃、祖母に可愛がってもらったことが自分の中で大きく、恩返しがしたいという思いがあったのも介護・福祉系に進んだ動機のひとつです。

──愛燦会で働くようになったきっかけは何ですか

就職活動中に、たまたま「長寿の里・津島」の近くを通りかかり、ここにも大きな施設ができたんだ、と思い、名前を控えておいて調べたら、学校に求人情報が来ていました。連絡をして見学に行くと、職員の方々が、利用者様に優しく接していて、明るく楽しそうに働いていたので、「自分も一緒に働いてみたいなあ」と思いまして。他にも何箇所か施設見学や面接に行ったのですが、一番の決め手になったのは「あなたが楽しいと、わたしは嬉しい。」という法人の理念でした。なんて優しくて心に響く言葉だろうとすごく共感しまして、その後すぐ、正式に応募して、内定に繋がりました。

──愛燦会で仕事をしてみて大変だったことや嬉しかったことなどを

自分は新卒でまったく経験がなく、専門学校で勉強した「理想」が全て、という状態での仕事のスタートだったのもあり、最初は理想と現実の違いに悩みました。もっと利用者様に関わって生活のお手伝いができると思ったのに、実際は限られた時間の中で何人もの利用者様の介助や決められた業務をこなしていかなければならず、現実の厳しさを感じました。しかし、自分なりのやり方を考えて、忙しい中でも少しでも利用者様と接する機会を作るように努力してきた経験は、現在も役立っていると思います。

今は管理職という立場で、職員を束ねていくことが最も大変です。利用者様と同じように職員に対しても、様子や表情や態度を気にかけるようにしていて、普段との違いや変化の様子に気づいたら、自分から、近づいて声をかけるようにしています。まずは話を聴き、その人の思いや気持ちを理解した上で、困まったことや悩みごとはフォローできるようにと努めています。
また、職員のそれぞれの個性も活かせるように、得意な分野は積極的に活躍してもらえるように配慮しています。いろいろな関わりあいを通じて仕事の楽しさや達成感も共有できればと思ってです。そのためには自分が職員の性格や特性を深く知ることが必要なので、どの場面でも人との関わりが一番重要であり、同時に課題だと言えますね。

相談員業務をしていて一番嬉しいのは、利用者様をご紹介いただいた外部の介護事業者から「おかげで以前よりも良くなった、お任せして良かった。」と言っていただけることです。利用者様の生活の質を向上させることが出来たと同時に、その事業者さんとの信頼関係も強まって、今後の利用に繋がっていきますから。現場では、利用者様からの声にいつも力をもらっています。「ここが、一番居心地が良い所」と言ってもらえると、職員全員がとても励みになります。

──毎日仕事をしていく中で、心掛けていることや重視していることはありますか

イメージ

何事も、まずは挑戦しないと始まらないという、前向きな気持ちを持ち続けることです。介護の仕事はマニュアル通りにいかないのが当たり前で、そこに新しい要素や困難なことが起こると、「無理」「できない」と、どうしても後ろ向きになりがちなのですが、トライする前からそんなことを言わずに創意工夫して色々と試してみないと何も始まりません。これは一緒に働く職員の方たちにも伝えていきたい心構えです。前向きな気持ちで、いかに満足していただけるサービスを提供していくか、そして利用を継続していただくか、ということを常に考えるようにしています。

──愛燦会の特徴や、良い所、誇れることは何ですか

大きな組織なのに、トップダウンばかりでなく、現場や中堅職員からの提案も取り入れていく姿勢があることです。実際、この長寿の里・海津の立ち上げの際も、自分を含めた中核メンバーが、内部のレイアウトや設備の選定といった部分にまで関わらせてもらいました。責任ある仕事で大変でしたが、実際に自分達の意見を取り入れて設計をしてもらいました。デイサービスの「いろは」という名称も、自分たちで決めたんですよ。このような柔軟な体制は他ではないと思いますし、自分達で考える力を養って何かを具現化する機会があるというのは、とても貴重だと思います。

愛燦会はこれからも大きくなっていくと思いますが、当初からの「地域に根差した総合福祉」という姿勢にブレがなく、地域との関係を重視した運営を続けている事も特徴の一つと言えると思います。特に夏祭りなどは、地域の方もお呼びして各施設工夫を凝らして盛大に催しています。また、大きな行事の時には、施設間の垣根を取り払って協力しあえる横のつながりの強さも誇りです。

──最後に、今後の目標や目指すことを教えてください

自分が不在であっても任せられる人材の育成が、課題でもあり目標でもあります。
「利用者様に安全・安心を提供する」のが第一なので、自分が居なくても業務が滞りなく継続できるようにしなければならないからです。
また、自分の持ち場であるデイサービス「いろは」だけではなく、広い視野で物事を見られるようになりたいと思います。法人の強みである横のつながりの強さと、自分が学んできた経験やノウハウを生かして、例えば法人内のデイサービス部門全体を盛り上げていけるように、これからもがんばっていきます。

イメージ

1日のスケジュール [デイサービス主任]

1日のスケジュール

イメージ

社会福祉法人愛燦会へのエントリーはこちらから!!