ALL SMILES

社会福祉法人 愛燦会

人のコト

看護師

事務局職員「若手がエネルギッシュに活躍する職場」

──現在の仕事の内容を説明してください

長寿の里・十四山で看護リーダーをしています。施設の看護師として、利用者様の内服薬の管理や訪問診療の対応の他、利用者様が医療機関に受診する時の付き添い、普段の健康状態を把握するために各ユニットを巡回といった、医療の面からの健康管理全般が仕事です。加えて、職員の健康管理にも気を付けていますよ。それも自分の専門分野の大切な仕事だと思っています。

──現在までの簡単な経歴と、福祉の仕事に就いた理由を教えてください

イメージ

看護師になって、もともとは地元の三重県の病院に勤めていたのですが、出産と育児のために退職して、家庭に入りました。7年ほど経ち、育児も落ち着いてきたので復職を考えたのですが、看護師としてのブランクの期間が長く、医療は常に変化していくものなので、医療知識を埋めるのは難しいかもという思いもあり、医療の最前線で働くのは無理かなあ・・・と考えていた所に、前職でお世話になった看護師長さんが「お年寄りと話をしながら仕事をしてみない?」と老健(介護老人保健施設)に誘っていただいたのが福祉・介護の仕事への第一歩でした。
初めての介護系の施設での経験でしたが、今までの医療機関での看護業務と比べて、何より一番に「人と人との関わり合い」の大切さを実感しました。もともと人と関わる仕事がしたいという思いがありましたし、それまでの経験も活かすことができると思い、きっかけはお誘いからの看護師への復職でしたが「介護・福祉の看護師」として経験を積んで、現在に至るという感じです。

──愛燦会で働くようになったきっかけは何ですか

実は一番の理由は、通勤距離が短かったということなんです。ちょうど三重から愛知県弥富市に引越しをして、元の職場へは遠距離通勤という状態になってしまって・・・。それに以前の職場では夜勤もあり、家族と一緒に居られる時間が限られてしまう事にも悩んでいました。子供も思春期を迎え、できるだけ多くの時間を家族と過ごしたいなという気持ちもありまして。そうしたら、「家の近所に大きい施設が建った」と聞いて、調べたら子供が通っている高校のすぐ側だったんですね。一気に親近感が沸き、応募して面接となったのですが、その時に受けた印象がすごく良かったです。施設長は明るい方で、帰る時には事務所の方が皆さんお見送りしてくださって。ここは人を大事にしているんだなと感じました。

──愛燦会で仕事をしてみて大変だったことや嬉しかったことなどを

大変なのは、まず、施設に医師が常駐していないので、私たち看護師が医療面での判断をしなければならないことです。また、長寿の里・十四山では看取り対応をしているのですが、利用者様のお体の状態やリスクを把握して、それを医療職としてご家族にお伝えする事もあり、そういった場面はいつも緊張してしまいます。ご家族のお気持ちに寄り添って、援助的支援的関わりができたらと思っています。

利用者様の普段の状況を知るには、介護職の方との情報交換や連携が欠かせませんし、看護師も一人が同じ利用者様をずっと見ているのではないので、看護師の間での連携も必要不可欠です。職員同士であっても思いや考えを伝え合い、ケアの方向性を定めていくのは簡単なことではない、と感じる場面もあります。
それでも、一緒に働く仲間同士、互いに持てる力を出し合い助け合い、今まで毎日を重ねてこられました。仕事をする中で、「判断とコミュニケーション」の大切さを強く感じています。

責任も重く、大変な仕事ですが、利用者様やご家族から「ありがとう」と言っていただくと、どんなに疲れていても吹き飛んでしまうほど嬉しいです。例えば、職員同士で協力し合い、寝たきりの利用者様の褥瘡(じょくそう)を治す事ができた時は、とても大きな喜びと達成感がありました。縟瘡といっても、傷になった部分だけを治療するのではなく、栄養状態を管理して、定期的に体位交換をして、寝巻やシーツがしわにならないように気をつけて・・・という具合に、利用者様に関わる様々な職種同士が一つの目的に向かって情報を共有して対応していく必要があります。チームとしてケアにあたるためにも、コミュニケーションは欠かせないものだと思います。

──毎日仕事をしていく中で、心掛けていることや重視していることはありますか

イメージ

やはり、コミュニケーションは重要だと思いますね。また、入居者様・職員同士と、人と人とのことですから、大切にしています。そのためにも、毎日笑顔でいることを心掛けています。
また、「自分が実際にやってみる」ということを大切にしています。介護職員の方が「介護がしにくい、難しい」と言われる利用者様がいらっしゃる時、例えば、移乗する時に皮膚剥離しやすいとか、適切な姿勢で食事ができないなど、話を聞いたら、自分自身でその「やりにくさ、大変さ」を、実際にケアにあたる事で体験するようにしています。そうすることで、こちらは看護師として、介護職の方は介護の専門職としての知識と経験を出し合って、解決策を考えていけるからです。

──愛燦会の特徴や、良い所、誇れることは何ですか

全体的にヒューマンエネルギーがあるところです。施設長、部長、主任といった層の人たちに若い方も多く、夏祭りや忘年会などの全体の行事の時には事業所の枠を越えて集まり、協力して盛り上げる様子はいつもすごいと感動します。
それと、職員育成にも力を入れていて、研修などの情報もよく回ってきますし、参加できる機会も作ってもらえて、とてもありがたいと感じています。

──最後に、今後の目標や目指すことを教えてください

利用者様との関わりを通じて、その人らしいケアを提供できるように目指していきたいです。施設は家にはなれないかもしれませんが、もうひとつの、落ち着いて安心して暮らせる生活の場になるように、職域をこえて利用者様のために連携して対応していければと思います。もちろん、今もコミュニケーションを取りながら協力し合っていますが、そのためにも、医務部門に所属する自分達も考え方をひとつにしてチームとしてケアにあたれるような医務の組織を作っていきたいと思っています。

イメージ

1日のスケジュール [看護師]

1日のスケジュール

イメージ

社会福祉法人愛燦会へのエントリーはこちらから!!